トリプルビーに副作用はある?危険な成分が入っていないか解析!

トリプルビーのパッケージとスティックトリプルビー

トリプルビー(BBB)を飲んでみたいけど、副作用が気になる…と悩んでいませんか?

この記事では、トリプルビーの成分を解析して副作用の心配がないかを詳しく解説していきます。

  • トリプルビーの成分についてすぐに知りたい方は→ 【こちら】
  • トリプルビーの副作用についてすぐに知りたい方は→ 【こちら】

トリプルビーは筋肉・ダイエット*・美容にアプローチする成分を配合

女性のボディライン

トリプルビーは主に『筋肉・ダイエット*・美容』にアプローチする成分が配合されているHMBサプリメントです。

それぞれどのような特徴があるのか、順に紹介していきますね!

*ダイエットする人の健康をサポートすることです

トリプルビーの筋肉にアプローチする成分の特徴

HMBカルシウム
筋肉を育むのに重要な役割を持つHMBと、骨や歯の形成に必要な栄養素であるカルシウムを結合した栄養素です。

クレアチンモノハイドレート
アミノ酸の一種で、運動時に補給することで運動パフォーマンスのサポートが期待できます。

BCAA
ヒトが体内で作ることができない必須アミノ酸(L-ロイシン・L-バリン・L-イソロイシン)で、運動時の筋肉のエネルギー源になります。

クエン酸
体がキツいときに元気をチャージします。

オルニチン
アミノ酸の一種で体内でダイエッターに嬉しい働きをサポートしてくれます。

L-アルギニン
エネルギーを増やす作用があり健康をサポートしてくれます。

L-ヒスチジン
いくつかのアミノ酸が結合したペプチドで、運動パフォーマンスのサポートが期待できます。

黒胡椒抽出物
黒コショウから抽出された成分で、アミノ酸の吸収をサポートするバイオぺリンが含まれてます。

トリプルビーのダイエッターサポート成分の特徴

ブラックジンジャー
古くから健康食としても活用されている成分で、スッキリキレイをサポートします。

L-カルニチン
アミノ酸の一種でダイエッターにうれしい成分として知られています。

α-リポ酸
エネルギー産生を効率的に行う成分です。

シクロデキストリン
環状オリゴ糖とも呼ばれ、ビフィズス菌などのエサとなってスッキリをサポートします。

トリプルビーの美容にアプローチする成分の特徴

イソフラボン
エストロゲンと似た働きをする成分で、ハリのある美しさをサポートします。

葉酸
赤血球の形成を助ける働きや、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

コエンザイムQ10
エネルギーの産生に必須の成分で、還元力が強いことが特徴です。

ビタミンA
皮膚や粘膜の健康維持を助けたり、夜間の視力の維持を助ける働きがあります。

ビタミンB1
炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康維持を助けます。

ビタミンB6
たんぱく質からのエネルギーの産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

ビタミンB12
赤血球の形成を助けます。

ビタミンC
抗酸化作用と皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きを持っています。

ビタミンD
腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けます。

ビタミンE
抗酸化作用により体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けます。

フィッシュコラーゲン
タンパク質が豊富に含まれていて、動物由来のコラーゲンよりも体内への吸収が優れています。

エラスチン
繊維状のたんぱく質でコラーゲンをサポートします。

豚胎盤抽出物
豚の胎盤から抽出された成分で美容をサポートします。

ヒアルロン酸
優れた保水力があり、美容をサポートします。

ナイアシン
皮膚や粘膜の健康維持を助ける助ける働きがあります。

パントテン酸カルシウム
皮膚や粘膜の健康維持を助けるパントテン酸に、カルシウム塩が付加した成分です。

トリプルビーの副作用の危険性を解説

解説する女医

トリプルビーは健康食品で、HMBカルシウムをはじめ健康維持や美容に役立つ成分がぜいたくに配合されています。

体にやさしい成分のみを配合しているので、負担なく飲むことができるでしょう。

そして、製造管理や品質管理が徹底された国内のGMP認定工場で製造されていることから、良心設計のサプリメントだと言えますね!

ですが、トリプルビーは気を付けるべき点もあるので、次で詳しくお伝えしていきます。

トリプルビーを飲む際の注意するべきポイントを解説

説明する女性

トリプルビーを飲むにあたっての注意点をお伝えします。

万が一のことがないように、しっかりとチェックしておいてくださいね!

食品アレルギーのある人はトリプルビーの原材料を確認する

トリプルビーには大豆、鶏、豚の原料が使われています。

食品アレルギーがある人は、必ずトリプルビーの原材料を確認しておくようにしましょう。

クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、 ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12

トリプルビーの飲み過ぎには注意

トリプルビーの1日の目安は1~2包ですので、それ以上摂取することはおすすめしません。

どんなに栄養のある食品でも、食べ過ぎてしまうと下痢になったり体調が悪くなったりすることがありますよね。

サプリメントは不足しがちな栄養価が凝縮された食品ですが、必要以上に摂取すると偏った栄養だけを摂ることになるので栄養バランスが崩れてしまうのです。

体に良くありませんし、たくさん飲んだからといって効果が倍増するわけでもないので、多くても1日2包までに留めておきましょう。

薬を飲んでいる人は安易にトリプルビーを飲まない

トリプルビーは健康食品なので、薬と併用して飲むことは基本的に問題ありません。

ですが、薬の効果に影響が出てしまう可能性があるので、心配であれば掛かりつけの医師か薬剤師に相談してください。

体調が悪いときはトリプルビーを飲むのを控える

トリプルビーは毎日飲むことが大切ですが、体調が悪いときに無理して飲む必要はありません。

体調が良くなるまでトリプルビーを飲むのは控えて、体にやさしい食事を摂るようにしましょう。

トリプルビーの副作用と成分まとめ

胸に手を当てる女性
  • 負担のかかる成分は配合されていない
  • 体にやさしく良心設計のサプリメント
  • 食品アレルギー持ちの人は注意が必要

トリプルビーは筋肉・ダイエット*・美容にアプローチしてくれるサプリメントです。(*ダイエットする人の健康をサポートすることです)

負担のかかるような成分は配合されていないので、体にやさしく飲むことができますよ。

だけど、飲み過ぎは栄養バランスを崩すことになるので、摂取目安量の1日1~2包を超えないように気を付けてくださいね!

\一定の数に達し次第終了/

副作用に関しては分かったけど、トリプルビーの口コミや評判が気になる人は以下の記事をご覧ください。

関連 トリプルビーは痩せない?40代主婦が本気のダイエットに挑戦した口コミ!

タイトルとURLをコピーしました